四国水族館で郷土料理にスポットを当てた企画展 第2弾「しこクック~四国のおいしい魚を食べよう 高知県編~」が2023年3月23日(木)〜5月7日(日)まで開催中

四国水族館 しこクック~四国のおいしい魚を食べよう 高知県編~

四国水族館で郷土料理にスポットを当てた企画展 第2弾「しこクック~四国のおいしい魚を食べよう 高知県編~」が2023年3月23日(木)〜5月7日(日)まで開催されています。

概要

四方を海に囲まれた四国では、人々の食文化に海が密接に関わっています。本企画展では、四国の穏やかな気候風土に育まれた特産品や、地域に伝わる郷土料理を紹介し、その食材や料理を生んだ地域の背景などにも触れながら、関連する生きものを展示・解説します。

昨年夏に開催した香川県編に続く第2弾となる今回の高知県編では、太平洋を流れる黒潮と栄養豊富な瀬戸内海の海水が混じり合い、多種多様な生物が生息する高知県西南部にスポットを当て、高知県の食文化「おきゃく」「皿鉢料理」を紹介します。また、実際に飼育スタッフが現地に滞在しながら撮影した伝統的な漁の様子や仕組みを映像で解説します。さらに本企画展の開催にあわせて、1階インフォメーションでは、しこクックで紹介するニホンウナギをモチーフにしたデザインの魚朱印を限定販売します。

生きものを通して四国の食文化を知っていただき、さらにはゆかりある土地へ実際に訪れるきっかけになれば幸いです。「しこクック高知県編」をどうぞお楽しみに。

引用元:四国水族館 公式サイトより

開催期間

2023年3月23日(木)〜5月7日(日)

開催場所

四国水族館 イルカ棟1階レクチャールーム、館内常設展示
(〒769-0201 香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4)

展示内容

四国水族館 しこクック~四国のおいしい魚を食べよう 高知県編~

四国水族館 公式サイトより

高知県の文化「皿鉢料理」で食べられる魚介類を4基の水槽に展示され、展示エリア中央では、実際に使用されている大皿を使って皿鉢料理を再現されているそうです。
また、飼育スタッフが現地に滞在し撮影した伝統的な漁の様子や仕組みを映像での解説があり、高知県西南部で行われている漁「大敷網」体験ができるフォトスポットも設置されています。

四国水族館 しこクック~四国のおいしい魚を食べよう 高知県編~

四国水族館 公式サイトより

展示予定の魚介類はアサヒガニ、モクズガニ、ヌマチチブ、ヒオウギガイ、マガキガイとなっているそうです。
同じ四国内ですが、なかなか触れられない高知県の食文化を知ることのできる良い機会となると思います。
ご家族やお子様と一緒に、見に行ってみてはいかがでしょうか?

◇ しこクック~四国のおいしい魚を食べよう 高知県編~
開催期間:2023年3月23日(木)〜5月7日(日)
開催場所:四国水族館 イルカ棟1階レクチャールーム、館内常設展示
所在地:〒769-0201 香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4
駐車場:あり (有料)
関連リンク:四国水族館 公式サイト
※開催期間等は記事作成当時のものです。