浜町の「毛遊び(もうあしび)」って、何のお店?

毛遊び 外観

まるつー広告

丸亀つーしんが取材依頼(無料)を募集してる!
丸亀つーしんが取材依頼(無料)を募集してる!
広告・
丸亀つーしん

まるつー伝言板に、こんな情報をお寄せいただきました。

丸亀駅南口正面に 毛遊び という沖縄料理店が出来てました。 2000円食べ放題らしいのでぜひ取材して頂きたい

ID: XuBsGx3xn1[2019-12-09 15:32]

JR丸亀駅南口正面に「毛遊び」というお店があるのは知っていましたが、名前からは何のお店か全く想像がつかなかったので、思いっきりスルーしていました。ごめんなさい。

ですが、せっかく情報をお寄せいただきましたので、この機会に見に行ってみることにしました。

見に行ってみた

毛遊び 外観

「毛遊び」は、この謎めいた神殿風建築物の2階にあります。今でこそ謎めいていますが、かつて「春風堂」が入っていた頃はしっくりきていたから不思議なものですね。ちなみに、西隣で建設中なのはビジネスホテルの「東横イン」です。

「東横イン」建設についての記事はこちら。↓↓↓
丸亀駅前に「東横イン」ができるみたい。2020年12月オープン予定。平成レンタカー丸亀駅前店があったところ 毛遊び 外観

この彫像たちの奥が「毛遊び」です。ここから見ただけでは、何のお店か全く想像できません。

毛遊び

建物への入口の横には、「毛遊び」の電飾看板が設置されていました。あれ、今までこんなのあったっけ?

この看板により、「毛遊び」と書いて「もうあしび」と読むことが分かりました。そして、こちらが2000円で飲み放題の居酒屋さんであることも分かりました。「にせんべろ」は聞き馴染みのない言葉ですが、2000円でベロンベロンに酔っぱらえる的な意味合いだろうと、なんとなく想像がつきますね。
けど「毛遊び」って何なのよ? 背景に描かれているイラストは三線かな?

毛遊び 外観

おそるおそる建物の中に入ります。どことなく異国情緒の漂う建物ですね。さすがは元春風堂。この階段の踊り場のドアの向こうが「毛遊び」です。

毛遊び 入口

「毛遊び」の入口です。

毛遊び 案内板

「イホ?」と一瞬何のことか分かりませんでしたが、よく見れば「休」でした。ブタちゃんのイラスト(あぐーちゃんという名前だそうです)がかわいい!

毛遊び 沖縄県人会会員募集

入口のドアに、讃岐沖縄県人会の会員募集チラシが貼ってありました。ははーん、どうやらここは、沖縄県出身者の皆さんが集う居酒屋のようですね。

毛遊び 三線教室の案内

「毛遊び」では三線教室もやってるみたいです。

毎週月・木曜日の19:00~21:00で、1回500円なのだそうです。
第1月曜日は嶋本慶先生によるお稽古で、参加費は1回5000円。
レンタル三線もあるそうです。三線を習ってみたい方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

ググってみた

お店には誰もいらっしゃらないようでしたので、現地でこれ以上のことは分からず、「丸亀 毛遊び」でネット検索してみることにしました。
すると、すぐに公式サイトが見つかりました結構しっかり作られたサイトで、更新も頻繁に行われています。

にせんべろの謎

にせんべろ とは…「二千円でベロベロに酔える」という意味の、安い居酒屋のこと。
『毛遊び(もうあしび)』は「安い!旨い!楽しい!」をモットーにした、丸亀にある『にせんべろ』居酒屋です。
沖縄好きが高じた店主が、沖縄民謡と沖縄料理を中心に、食と共に音楽も楽しめるチープで楽しいお店を目指しています。
また、香川における『沖縄の拠点』としての役割も担っています。

引用:毛遊び公式サイト

「にせんべろ」に関しては想像した通りでしたね!

毛遊びの謎

毛遊び(もうあしび)は、かつて沖縄で広く行われていた慣習。主に夕刻から深夜にかけて、若い男女が野原や海辺に集って飲食を共にし、歌舞を中心として交流した集会をいう。

引用:Wikipedia

「毛遊び(もうあしび)」は、かつての沖縄の風習なのだそうです。若者が浜辺で楽しく飲んでいる感じは、我々が勝手に抱く沖縄のイメージそのものですね。
で、「毛」はどこから来たんだよ、と思ってWikipediaの続きを読むと、「毛とは「野」の当て字で原野や広場を意味する」のだそうです。つまり「毛遊び」とは、原野交流会のこと広場で楽しく飲み食いすることでした。
ここから想像すると、店名の由来は「毛遊び」という風習のような楽しい空間を提供します、ということだと思われます。本当かどうかは実際に行ってお確かめください(笑)

メニュー

コメント投稿者さんによると「2000円で食べ放題らしい」とのことでしたが、2時間2000円で飲み放題」が正解のようです。

毛遊び にせんべろ

毛遊び公式サイトより

公式サイトによると、上記のようなセットメニューがありました。延長は1時間+1000円で、お酒の持ち込みも可のようです。おかず3品は下の画像のAから1品、Bから2品から選べるそうです。

毛遊び おかず

毛遊び公式サイトより

かなりお得な感じじゃないでしょうか?

「毛遊び」には、ほかにも魅力的なお酒フードメニューがあるみたいなので、詳しくは公式サイトをご覧いただくか、実際に食べに行って確かめてください。なんと、居酒屋なのにカフェメニューもあるみたいですよ!

どうして「最近できた店感」があるのか?

公式サイトによると、「毛遊び」は2017年6月オープンとのことですが、最近になって急に「駅前に「毛遊び」という店ができてるね」という声が聞かれるようになりました。何故だろうと原因を探るためにブログを読み漁った結果、「これだ!」という結論に至りました。(直接聞きに行きなさいよ。)

それは、今年12月8日の電飾看板が完成したというブログ記事。

毛遊び 電飾看板

2度目の登場ですが、これ(↑)です。これが最近になって駅前に現れたんです。きっと、これのおかげです(笑)

まとめ

私は現在健康上の理由で断酒中なので、今回はこんな感じで失礼いたしますが、ネット上の情報を見る限りはとても楽しそうなお店ですので、勇気を出して行ってみてはいかがでしょうか?
食べ放題じゃなくて飲み放題ですので、その点はどうぞお気をつけください!

◇毛遊び(もうあしび)
住所:〒763-0022 香川県丸亀市浜町25−12階北
電話番号:080-6388-4718
営業時間:18:00~23:00
定休日:土曜日、日曜日、第1火曜日
駐車場:なし(駅前の市営地下駐車場(1時間無料)をご利用ください)
関連リンク:毛遊び公式サイト

※営業時間・価格等は記事作成当時のものです。

コメント

3件のコメント
毛遊びです。
当店を取り上げてくださってありがとうございます
2019-12-26 00:17
このコメントは投稿者によって削除されました
2019-12-26 00:56
ふなきちさんですか?
コメントありがとうございます!
楽しそうなお店ですね!是非今度行ってみたいです!
あと、Tシャツほしいです(笑)
2019-12-26 00:58

まるつー広告

おすすめ記事

関連記事

この記事を書いた人
ライターY口@まるつー 編集長
高松生まれ丸亀育ちの、純粋培養された香川県民です。そしてこのまま香川で朽ち果てる予定。