お願い

この記事は2022年9月15日に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

丸亀市市民交流活動センターマルタスで「プログラミングで海のSDGs!」が2022年9月18日(日)に開催される。小学校4~6年生、中学生向けのプログラミングワークショップがあるみたい

丸亀市市民交流活動センターマルタス プログラミングで海のSDGs!

丸亀市市民交流活動センターマルタスで2022年9月18日(日)に開催される「プログラミングで海のSDGs!」についてご紹介します。

概要

このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる日本財団「海と日本プロジェクト」の一環です。
昨年もプログラミングを通してSDGsを学ぶことができるSTEAMワークショップとして参加者の皆様から「とても楽しく勉強になりました!」と大好評を得ました。
プログラミングを通して人と生き物が生態系を壊さずに上手に共存していくにはどうしたらよいのかを、自ら考え学ぶ機会になればと思います。ぜひご参加をお待ちしております。

引用:海と日本PROJECT 公式サイト

開催日時

2022年9月18日(日)
①10:30~12:00
②14:30~16:00

開催場所

市民交流活動センター マルタス2階 ROOM2 (香川県丸亀市大手町 2丁目4番11号)

参加費

無料 (※要申込)

内容

小学4〜6年生対象

① micro:bitで海洋プラスチックごみ調査

私たちの生活にも影響のある深刻な課題「海洋プラスチックごみ問題」をプログラミングを通じて考えます。

② micro:bitでサステナブル漁業体験

海の豊かさを守って漁業を続ける「サステナブル漁業」です。
プログラミングを通じて自分たちにできることを考えましょう。
※1人1台のPCを使用
※プログラミング初心者でも歓迎

中学1年生以上対象

「Python × プログラミングワークショップ」

Pythonで人と魚の未来を予想しよう!
m.PIMEオリジナルツール「Pythonボード」を使って、視覚的に分かりやすいグラフを描けるようにします。
それを基に人とお魚さんの未来を予想しましょう。
実施団体: m.PIME (稲伸ゼミナール・想隆社)

時間:①10:30~12:00 ②14:30~16:00
会場:ROOM3

親子・一般の方対象

「SDGs講演会」

四国水族館・館長、松沢慶将氏から、ウミガメも被害を受けている「海洋プラスチックごみ問題」についてお話していただきます。
私たちの暮らしを支える豊かな海を守るため、プラスチックとどう付き合えばよいのか考えてみましょう。

時間:13:00~14:00
会場:ROOM4

詳細はこちら↓↓↓
一般社団法人イエロー ピン プロジェクト 公式サイト

問い合わせ

  • 電話番号:03-5784-4651
    サポート受付時間 10:00~17:00 (土日・祝日を除く)
  • お問い合わせフォームはこちら
    ※テレワークを実施しておりますので、メールやお問合せフォームでのお問合せが助かります。

現在、申し込み受付が終了していますが、こちらのイベントは定期的に開催されているようですので、是非機会があれば参加してみてください。

◇ プログラミングで海のSDGs!
開催日時:2022年9月18日(日)①10:30~12:00 ②14:30~16:00
開催場所:丸亀市市民交流活動センターマルタス 2階 ROOM2~4
所在地:〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4-11
駐車場:あり
関連リンク:海と日本PROJECT 公式サイト
関連リンク:一般社団法人イエロー ピン プロジェクト 公式サイト
※開催日時等は記事作成当時のものです。