綾歌町富熊のCONNECTで開催されたトークイベント「北欧の家具と現代音楽 CONNECT×音楽家・渡邉和三郎」に行ってきた

まるつー広告

コロナウイルスで車検期日が延長!?最長4月30日まで!?
コロナウイルスで車検期日が延長!?最長4月30日まで!?
広告・
カーベル丸亀

綾歌町富熊にある北欧インテリア・雑貨店の「CONNECT(コネクト)」で1月25日(土)、「北欧の家具と現代音楽 CONNECT×音楽家・渡邉和三郎」というトークイベントが行われました。まるつーでも「たまには文化的なネタを取り上げようか」ということになり、Y口とyopiがお邪魔してきました。

CONNECT ウェルカムボード

CONNECT 外観

このイベントは、「CONNECT」と音楽家・渡邉和三郎(わたなべ わさぶろう)さんによるコラボレーションイベントで、第1部では、渡邉さんが自ら厳選した心地良い北欧現代音楽を映像などとともに解説、紹介してくれました。休憩を挟んだ第2部では、第1部に引き続いて渡邉さんが登壇。そこに画家の山口一郎さん、「CONNECT」オーナーの髙木智仁さんが加わり、3人によるトークセッションが行われました。それぞれの関係性やアートに対する思い、今後の夢などを語り合い、約50人の聴衆を楽しませてくれました。

イベントの様子

第1部

CONNECT イベント

第1部では、渡邉さんが厳選した北欧の現代音楽を、映像で紹介してくれました。ただアーティストと曲名を紹介するだけでなく、その曲が作られた背景やアーティストの特徴、アーティスト同士の関係、日本との繋がりなど、興味深い話題は多岐にわたり、私もyopiもメモる手が止まりませんでした。
実はこの原稿も、渡邉さんが紹介してくれたデンマークの3人組ユニット「System」『stille』という曲を聴きながら書いています。「激しい展開はないけど、文章を書く時などに聴くと効率が上がります」という渡邉さんの言葉を鵜呑みにしてね!(実際、とても集中して文章を書けました。ありがとうございます!)

「System」の『stille』はこちらから聴けます。↓↓↓

 

休憩中

honjima stand 謎料理

休憩時間には、本島にあるカフェスタンド「Honjima Stand」の出張軽食をいただきました。地元本島の食材を使った料理とのことでしたが、どの向きに置くのが正しいのか、どうやって食べるのか、タコとミカンとパン以外自分が何を食べているのかがほとんど謎でした。ただ、とにかく全部めちゃくちゃ美味しかったです!今度ちゃんと「Honjima Stand」を取材した時に、あの時食べたのは何だったのかと聞いてこようと思います(笑)
ちなみに「Honjima Stand」も、こちらの「CONNECT」が運営しています。

第2部

第2部は、渡邉さん、山口さん、髙木さんのトークセッションでした。皆さんは初めて出会ってから8年程経っているそうですが、そこから続いている親交についてや、それぞれの仕事に関する思い、現在御三方ともに香川県で住んでいるので、それぞれの香川県に対する愛などを語っていただきました。
とても内容の濃いトークセッションでしたが、詳細は実際に足を運ばれた方の特権ということで、今回は御三方の簡単なプロフィールとともに、当日話された内容の要点を簡単にまとめました。

渡邉和三郎さん

コネクト 渡邉和三郎さん

千葉県生まれ、香川県在住の音楽クリエイター。石、木、砂などの自然物や自然現象とコップや鍋などの日用品で音を発生させ録音。ピアノやギターなど多様な楽器と組み合わせ芸術性の高い音楽を制作している。札幌国際芸術祭2014「都市と自然のサウンドコンペティション」グランプリ受賞。瀬戸内国際芸術祭など数々の芸術祭に参加。映像作品への楽曲提供や個展会場音楽、子供向け音楽制作ワークショップの開催などをしている。2018年アルバム「Cycling」を発売、音楽専門誌で高評価を得る。

引用:CONNECT公式サイト

渡邉和三郎さんのトークから抜粋

香川でも田舎の方に住んでいるのですが、この自然の美しさから受ける刺激をアート作品に落とし込みたいです。
今度宇多津に水族館ができるので、水の入った水槽の中でライブがしたいですね。こんなのイルカぐらいしかやったことがないと思いますが。(Y口「イルカもやったこと無いと思います!」)
こんな実験的なことをよくやるのですが、それを山口さんがうまくアウトプットしてくれるので嬉しいです。髙木さんが扱っている北欧家具と音楽も相性が良くて、特に照明が大事。暗めのね(笑)
ヨーロッパでは生活の中に音楽があって、人生を楽しむツールとしてみんな利用しています。私もそういう作品を創り、皆さんの普段の生活を、少しずつ楽しく豊かにするお手伝いができると嬉しいですね。

渡邉和三郎さん CD

会場では、渡邉和三郎さんのCDも販売していました。ジャケットをデザインしたのは、もちろん山口一郎さん。ネットで購入したい方は、渡邉さんの公式サイトからショップページに飛んでください。

山口一郎さん

コネクト 山口一郎さん

静岡県出身。日本を代表するデザイナーや芸術家を数多く輩出してきたセツ・モードセミナーを卒業。 卒業後はイラストレーターとして雑誌広告の仕事を始めました。現在は香川県在住、香川県の保育所で芸術士としても活動中です。
1999年 チョイス展 入選、第6回CLSビジュアル・アート展 大賞、JACA展 入選、第5回ART・BOX展 入選、 タンカレージンイラストデザイン入選と数々の賞を手にしています。
また、2007、2008、2010、2012年東京青山DEE’S HALLにて個展を開催。2011年に香川県人権問題ポスターとCMに作品「コルク人形」が採用されています。

引用:CONNECT公式サイト

山口一郎さんのトークから抜粋

先日美意識の高い人に「あなたの描く線は美しい」と言われ、それから「より美しい線を描きたい!」と思うようになりました。なので将来は、先1本だけ描いて生活していきたいです(笑)
もちろん冗談ですが、絵を飾ったことで部屋の空気が変わった、明るくなったと言われるのはとても嬉しいです。
縁あって香川に住んでいますが、渡邉さんが個展の音楽を作ってくれて、髙木さんが多くの人に絵を紹介してくださる今の環境はとても素敵なこと。
こうしたイベントにも呼んでもらったりして、色んなところから刺激を受けながら、いずれはニューヨークのギャラリーに作品を展示できるようになれるといいな。

髙木智仁さん

コネクト 髙木智仁さん

1977年香川県丸亀市綾歌町生まれ。2001年に桃山学院大学を卒業、東京のインテリアメーカーに入社。05年に地元に帰り、両親が営むギフト販売会社に就職。07年にCONNECTを開店。現在はCONNECTを中心に、本島でリノベーションプロジェクトに携わるかたわら、地元の工務店とともに建築を手掛ける「CONNECT HOUSE」、丸亀市の遊休不動産の活用を提案する「port360」、北欧にむけて観光・旅行情報を発信する瀬戸内6県のネットワーク「STATESIX」などの組織も立ち上げている。

引用:日本経済新聞ビジネス香川

髙木智仁さんのトークから抜粋

丸亀の本島は本当に素晴らしい。本島に何があるのかと言われると、いい意味で何もない。ただ、何もないことを楽しめる場所です。デンマークの学生を本島へ連れて行くと、みんな「本島最高!」と、その非日常性に虜になります。わざわざ海外旅行へ行かなくても、フェリーでたった30分でそんな非日常を味わえるのは、とても贅沢なことなのではないでしょうか。
また、日本の家屋と北欧の家具の相性はとてもいい。そこに山口さんの絵を飾り、渡邉さんの音楽を流すというようなコラボレーションを、今後も続けていきたいです。
同時に、香川でクリエイティブな仕事をしている人たちをどんどん応援していきたいです。

参加してみて

今回のイベントに参加してみて、私もとても刺激を受けました。
現在のまるつーは、読者の皆さんにお店やイベントを紹介する、言わば一方通行のメディアに近いですが、今後は、皆さん同士、皆さんとお店、皆さんとモノ、さらには皆さんと住まいや仕事などにも繋げていく、双方向性のメディアを実現していきます。
まるつー伝言板や、今月のバージョンアップで利用できるようになったカレンダー機能もその一端を担うシステムですが、今後はさらにそれらを強化しつつ、コネクトに特化したシステムであるまるつー広告をもっと広く活用していただくために、やれることを考えていこうと思います。
あと、参加者の皆さんと話してみると、意外と皆さんまるつー読んでてビックリしました。本当にありがとうございます!

CONNECTってどんなお店?

北欧の家具を中心に取り扱っているインテリアショップです。
オーナーの髙木さんは、「いいものを永く大事に使ってもらいたい」という願いから取り扱う家具をセレクトしていく中で、自然と北欧の家具に行き着いたそうです。
特にデンマークの家具は、シンプルで永く使えるという意味で、日本家屋や日本人の暮らしぶりにとても良く合うそうです。
家具の購入をお考えの方は、ここへ来れば、きっとお気に入りの逸品に出会えるはず。

コネクト 店内

コネクト 店内

コネクト 店内

コネクト 店内

コネクト 店内

コネクト 店内

コネクト 店内

コネクト 作業部屋

家具の修理などもこちらでしてもらえるそうです。作業部屋もおしゃれでした(笑)

「CONNECT」は、インテリアショップ以外にもいろんな事業を手掛けてらっしゃいます。
「CONNECT」について詳しくお知りになりたい方は、こちらの公式WEBサイトからどうぞ。
以前まるつーで紹介したこのお店も、「CONNECT」がリノベーションしたそうですよ。↓↓↓
「小豆カフェ あんこ」の『小豆粥』と『ももコンポート』 あんこ以外のメニューも美味しい古民家カフェ

◇CONNECT(コネクト)
住所:〒761-2407 香川県丸亀市綾歌町富熊428−1
電話番号:0877-85-9717
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日(祝日は営業)
駐車場:あり
関連リンク:公式サイト公式facebook公式Instagram

※営業時間・価格等は記事作成当時のものです。


まるつー広告

おすすめ記事

関連記事

この記事を書いた人
ライターY口@まるつー 編集長
高松生まれ丸亀育ちの、純粋培養された香川県民です。そしてこのまま香川で朽ち果てる予定。