「小豆カフェ あんこ」の『小豆粥』と『ももコンポート』 あんこ以外のメニューも美味しい古民家カフェ

まるつー広告

まるつーメンバーが自分で食べに行ったお店を紹介する【まるつーグルメ】。
今回ライターY口@まるつーが食べてきたのは丸亀市綾歌町富熊にある、、、

小豆カフェ あんこ

の、小豆粥 焼き餅添え(500円 税込)ももコンポート(300円 税込)です!

※価格は2019年7月27日(土)現在のものです。

小豆粥 焼き餅添え(500円 税込)

小豆カフェ あんこ

小豆カフェ あんこ
まずは主役の小豆粥。表面をカリッと焼いたお餅が入っています。

小豆カフェ あんこ
お米と小豆の持つ素材の甘さとお餅の香ばしさが、お互いを邪魔することなく引き立てあっている感じ。飽きが来ない味です。これは毎朝でも食べたい。

小豆カフェ あんこ
アクセントに梅干しときゅうりのお漬物としいたけの甘煮をつつきながら、小豆粥をすすり、日本茶を飲む。古民家カフェでいただく和食はまた格別です。

ももコンポート(300円 税込)

小豆カフェ あんこ
本日のおすすめが「ももコンポート」だったので、デザートに頼んでみました。今が旬ですしね。

小豆カフェ あんこ
思っていたより桃がぎっしりでビックリ。これで300円はお得すぎません?

小豆カフェ あんこ
コンポートなので煮てますけど、ひと切れひと切れの桃が大きくてプリップリです。そして甘い!何というか、合成甘味料みたいに舌がしびれるような甘さじゃなくて、自然な甘さ!「いっぱいあるやん」と思ったのにあっという間に平らげちゃいました。

メニュー

小豆カフェ あんこ

小豆カフェ あんこ

メニューはちょこちょこ更新されているようですので、これは7月27日現在のものとご了承ください。

以前は朝11:00までのメニューだった小豆粥やおにぎりが、この日は終日いただけるようになっていましたし、ぜんざいや抹茶ミルクジェラードなどもメニューに加わっていました。

来るたびに何かしら変化があるのも楽しみの一つになりそうです。
今回は食べていませんが、あんこ系のメニューは甘さ控えめのやさしい味で、とても美味しいです。さすがお店の名前にするだけのクオリティはありましたよ。

甘いあんこが苦手な方も、ここのあんこならきっと大丈夫だと思います。

外観

小豆カフェ あんこ
築70年の古民家を改築したカフェです。

小豆カフェ あんこ
玄関脇に本日のおすすめボードがあります。隣のテーブルの人が食べていたわらびもちも美味しそうでした。また食べに行こう。

店内の様子

小豆カフェ あんこ
玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えます。

小豆カフェ あんこ
窓の外には富熊の田園風景が広がっています。時間がゆったり流れている感じ。

小豆カフェ あんこ

小豆カフェ あんこ

小豆カフェ あんこ

小豆カフェ あんこ
調度品も雰囲気にあったものが選ばれています。店内には落ち着いたBGMが流れていました。

女子率高めのお店かな?と思いきや、確かに女性だけのグループもいらっしゃいましたが、地元のおじさんたちがカウンターでコーヒーを飲みながら男子会をしていたり、窓辺のテーブルではカップルが楽しそうに語らっていたりと、どんなお客さんでものんびりとくつろげるお店です。私のようなぼっち中年男が乗り込んでいっても、奥さんが優しく出迎えてくれます。ご主人は一見頑固オヤジ風ですが、話してみるととても気さくなおじさんです。

お店の横には・・・?

小豆カフェ あんこ
整備中のグリーンがありました。ご主人が「田んぼの中にポツーンと1軒店が建っとるだけでは寂しいけん、なんか作ろ思て」と作ったのがこれ。ご主人のゴルフ好きなのがよく分かりますね。「思ったより本格的なのができてしもた」とご本人もビックリされてました。いずれはお客さんに遊んでもらえるようにするそうですよ。お店もグリーンも、本当に細部までこだわって作られています。

駐車場

小豆カフェ あんこ
奥に見えるのがお店です。8台くらいは置けそうな感じでした。

場所

丸亀市街方面から行くなら、土器川に架かる中方橋を渡り、そのまま県道22号善通寺綾歌線を道なりに富熊まで走っていけば、やがて右手の電柱に小さい看板が見えますので、そこを右折してください。

小豆カフェ あんこ

小豆カフェ あんこ
↑こんな看板です。見逃してしまいそうな人は、左手の地面におおくぼ内科は左折という青い看板が置かれていますので、それを目当てにして行き、見つけたらそこで右折するといいでしょう。富士見坂団地へ入る交差点まで出てしまったら行き過ぎです。

カーナビに頼っていると、手前のビニールハウスの横から入る細道を教えてくれるかもしれません。そこを入ったら確かにお店の真裏に出ますが、残念ながら駐車場がありません。必ず看板のある道から入ってくださいね。

◇ 小豆カフェ あんこ
住所:〒761-2407 香川県丸亀市綾歌町富熊399-3
電話番号:0877-86-6035
営業時間:9:00〜16:00
定休日:毎週水・木・金曜日、第1月曜日(9月はまた変わるそうです)
駐車場:あり
関連リンク:公式サイト

※営業時間・価格等は記事作成当時のものです。

周辺のお店

「お食事処 のどか」の『のどか御膳』落ち着いた雰囲気でゆったり和食ランチ!「お食事処 のどか」の『のどか御膳』落ち着いた雰囲気でゆったり和食ランチ! 綾歌町栗熊東にケーキ屋さん「パティスリー ミネット」が4月19日(金)にオープン。ことでん栗熊駅前 本格手打ちうどん香川屋本店の温玉ぶっかけ画像「本格手打ちうどん 香川屋本店」の『温玉ぶっかけ』 高松にあった人気のパン屋「はるくもsun.(はるくもさん)」が綾歌町栗熊西に移転オープンしてる。アイレックスのすぐ近く

コメント

0件のコメント
まだコメントはありません。
「小豆カフェ あんこ」の『小豆粥』と『ももコンポート』 についてコメントしましょう。

まるつー広告