お願い

この記事は2023年2月27日に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

宇多津町「うたづ海ホタルショップ」宇多津の特産品や香川の代表的な伝統菓子「おいり」が人気【動画あり】

宇多津町 うたづ海ホタル 外観

宇多津町の道の駅・恋人の聖地うたづ臨海公園内、うたづ海ホタルの中にある「うたづ海ホタルショップ」は、宇多津の特産品や香川のおいりなどをPR、販売しています。

地図だとこちら↓↓↓

店内の様子

宇多津町 うたづ海ホタル 店内

宇多津町 うたづ海ホタル 店内
すっきりセンス良く並べられたショップは、宇多津の美味しいものを知ってほしいと様々な特産品を紹介しています。
県外から訪れた方がお土産として購入するだけでなく、地元の人にとっても新しい発見の場ともなっているようです。

香川伝統のお菓子「おいり」

宇多津町 うたづ海ホタル おいり
香川県では古くからお嫁入りの際にはご近所の方へのご挨拶や、引き出物のひとつとして、おいりを贈ることが多く、縁起物とされてきました。
それに加えて最近では、かわいい色合いと丸い形がSNS映えすると話題になり、香川を飛び出して県外のカフェでスイーツのトッピングとして使われるなど一躍有名になっています。

七色の祈り 小400円 大1,100円(税込)

宇多津町 うたづ海ホタル 七色の祈り
従来のおいりよりも少し色づきをはっきりとさせ、透明の筒の中にグラデーションになるよう七色のおいりが詰められています。
名前の「七色の祈り」は、アフターコロナへ向かって希望の架け橋になるように願ってつけられました。香川県内で購入できる場所が限られていることから、海ホタルショップにおいり目的で来られる方もいるほどの話題の商品です。

祝塩 300円(税込)

宇多津町 うたづ海ホタル 祝塩
うたづ臨海公園には宇多津町でおよそ半世紀前まで存在した入浜式塩田が復元されていて、現在も昔ながらの塩づくりが行われています。
その塩田作業の1年間の無事を祈って年始めに行われる神事「初釜」でとれた塩を販売しています。
万人の幸せを願い縁を招き寄せる縁起物として喜ばれており、毎年楽しみにされている方も多いそうです。

さぬきの古代米 400円(税込)

宇多津町 うたづ海ホタル 古代米
宇多津町では古代米が作られていて、こちらで購入することができます。
白米3合に大さじ1杯の古代米を入れて一緒に炊くと、ふんわりピンクのご飯ができます。
アントシアニンを多く含み、健康食品として多くの方に食べられています。

場所・駐車場

宇多津町 うたづ海ホタル 場所

宇多津町 うたづ海ホタル 駐車場
四国水族館のすぐとなり、うたづ海ホタル内にショップがあります。うたづ海ホタルの駐車場をご利用ください。

「KBN×まるごと中讃つーしん」コラボ動画

情報を網羅する人気サイト「まるごと・中讃つーしん (まるつー:旧 丸亀つーしん)」 と、坂出・宇多津のケーブルテレビ局「KBN」、そして坂出・宇多津のコミュニティFM局の「エフエム・サン」がコラボをして動画内でさらに詳しくご紹介しています!!

「KBN × まるごと中讃つーしん」コラボ動画↓↓↓

うたづ臨海公園は、きれいな瀬戸内海の景色を眺められるウッドデッキ、ゆったり過ごせるカフェ、昔ながらの塩田作業が体験できる復元塩田など見どころ満載の場所です。
是非おでかけの際には海ホタルショップにも立ち寄って、宇多津や香川の特産品を手に取ってみてください。

以前紹介したうたづ海ホタル内「海と空のカフェ」の記事はこちら↓↓↓
宇多津町 海と空のカフェ 外観宇多津町「海と空のカフェ」目の前に広がる瀬戸内海の穏やかな景色を眺めながらこだわりメニューを楽しめる

◇ うたづ海ホタルショップ
住所:香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4
営業時間:9:00〜21:00
定休日:月曜日・年末年始12月28日~1月3日
電話番号:0877-49-0860
関連リンク:公式サイト
※営業時間・価格等は記事作成当時のものです。