【まるつークイズ】丸亀市内の踏切の数はいくつ?【音量注意】

まるつー広告

丸亀つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について
丸亀つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について
広告・
丸亀つーしん

今年もあっという間に年末ですね。
年末といえば・・・そう、踏切です。
何とかこじつけようと思いましたが、年末と踏切の接点が何も思い浮かばないので、そのまま何事もなかったかのように話を続けます(笑)

さて皆さん、踏切はご存知でしょうか?
皆さんに踏切を説明するために、「踏切」でフリー画像を検索すると、こんなのが最初に出てきました。

踏切(笑)

これはどう見ても、踏切じゃなくてカップルの画像ですよねー。確かに後ろにあるけれども。2人ともボーダーのシャツを着てるのは、あえて踏切に寄せてきてるのでしょうか? いずれにせよ、クリスマスから年末にかけてひとり寂しくクイズを作ってるY口@まるつーには目の毒です(笑)
気を取り直して、別の踏切のフリー画像を探してきました。

踏切

画像はイメージです

私が欲しかったのはコレですよ。黄色と黒のタイガースカラーのコレがメインの画像です。なお、先に言っておきますが、この画像はあくまでイメージですので、丸亀市内の風景ではありません。

踏切とは?

踏切(ふみきり)とは鉄道と道路が平面交差する箇所に設けられる設備。法律上は踏切道という(踏切道改良促進法など)。

引用:Wikipedia

Wikipedia先生の言葉と重複しますが、鉄道の線路に電車が通る時に、交差する道路を遮断する設備が「踏切」です。

さて、ここで本日のクイズです。

丸亀市内に、踏切は何箇所あるでしょうか?

タップ or クリックで解答をみる
  • 1
    0(無し)
  • 2
    1
  • 3
    2
  • 4
    たくさん

「1、2、たくさんって、アマゾンのヤノマミ族かよ!」(ヤノマミ族は3以上の数字の概念が無いそうです。さっきネットで調べました。)

正解があまりにアバウトなのでお怒りになるお気持ちも分かりますが、ちゃんと解説いたしますので最後までお付き合いください。

出題の意図はこうです。昭和62年の国鉄がJRになった年に、丸亀市内の線路は大半が高架になり、踏切がごっそり無くなりましたが、それを知っている方は「0」を選ぶのではないかと。
「1」とか「2」は引っ掛けで、「たくさん」は一見ギャグのようで、実は平成の大合併後に丸亀市となった綾歌町内にことでんの踏切がたくさんあるのでコレが正解という、2段重ねの高度な引っ掛けテクニックを用いたクイズという訳です。自画自賛の解説をするのは実にお恥ずかしい。

恥ずかしいのはそれだけではなかった

てっきり市内にあるJRの踏切は「0」だと思い込んでいた私ですが、実は1ヵ所だけ生き残っていました。単に無知なだけでした。お恥ずかしい。

宮川踏切

これがその、中津町に1箇所だけ残っている宮川踏切です。地元の歩行者用の踏切ですね。ちょうど電車が来たので動画も撮影してきました。鉄道マニアではないので踏切しか撮っていません(笑)

場所は、地図だとここらへん。↓↓↓

しかも、「まるつー編集部」からめっちゃ近い場所にあったというのが輪をかけて恥ずかしい。

で、結局丸亀市内に踏切はいくつあるの?

これもクイズにしてしまおう。

タップ or クリックで解答をみる
  • 1
    13
  • 2
    23
  • 3
    33
  • 4
    35億

という訳で、結構たくさんありましたね。内訳は、JRが1ヵ所ことでんが22ヵ所です。(上りと下りの1対で1ヵ所と数えています。)

栗熊木山踏切

こちらが「ことでん栗熊駅」東にある栗熊木山踏切です。あらゆる情報を入れようとした結果、色んなものがちょっとずつ見えてなくて中途半端な画像。

地図だとここ。↓↓↓

参考までに、ことでん琴平線沿線にある丸亀市以外の中讃市町の踏切数は、琴平町が11ヵ所、まんのう町が7ヵ所、綾川町が23ヵ所だそうです(2019年12月現在)。丸亀市が意外に多くてビックリですね。JRの方は、丸亀に1ヵ所あることだけ聞いて満足しちゃったので、他市町は調べていません。またいずれかの機会に調べておきます。

踏切関係では、ほかにも警告音がカンカンと聞こえる派ランランと聞こえる派による「パンダ代理戦争」の話や、踏切番のおじさんが手動で遮断器を上げ下げする浜町にあった踏切の思い出や、遮断器の真剣白刃取りごっこをして学校に親を呼ばれるレベルの大目玉を食らった話など、いろいろと書くネタはありますので、これらもまたいずれかの機会に。

取材協力:高松琴平電気鉄道株式会社技術部、四国旅客鉄道株式会社広報室

コメント

1件のコメント
このクイズシリーズめっちゃ好きです。単純に面白い!
2019-12-31 02:19

まるつー広告

おすすめ記事

関連記事

この記事を書いた人
ライターY口@まるつー 編集長
高松生まれ丸亀育ちの、純粋培養された香川県民です。そしてこのまま香川で朽ち果てる予定。