3月14日からJR四国管内の「ICOCA(イコカ)」利用可能エリアが拡大するみたい。善通寺・琴平両駅で利用可能に!

まるつー広告

新車の軽自動車が月々1万円(税別)で乗れる!しかも7年間の車検代、自動車税、オイル交換込み‼︎
新車の軽自動車が月々1万円(税別)で乗れる!しかも7年間の車検代、自動車税、オイル交換込み‼︎
広告・
新車市場 丸亀店

JR四国(四国旅客鉄道)とJR西日本(西日本旅客鉄道)は、昨年夏にJR四国管内でのICカード乗車券「ICOCA(イコカ)」の対応エリア拡大を発表していましたが、そのサービス開始日が3月14日(土)に正式に決定したそうです。

ICOCA 対応エリア拡大

JRおでかけネット公式サイトより

新たに利用可能となる駅は、詫間駅、観音寺駅、善通寺駅、琴平駅、栗林公園北口駅、栗林駅、屋島駅です。中讃エリアでは、善通寺駅琴平駅で利用可能になります。なお、対象駅の間の駅(金蔵寺駅や海岸寺駅など)では利用できませんし、「この先利用できるようになるかどうかも未定」(JR四国広報室)とのことですので、どうぞご注意ください。

「ICOCA」は、これまでに香川県内の13駅(高松駅~多度津駅間)で利用できましたが、訪日外国人旅行者が多い善通寺や琴平などの観光地でも利用できるように、今回対応エリアを拡大するそうです。新たに対応する7駅では、「ICOCA」をはじめとするICカード乗車券での入出場やチャージが可能となります(ただし、栗林公園北口駅と屋島駅ではチャージは行なえないそうです。)

3月14日以降のICOCA利用可能エリア

四国旅客鉄道株式会社公式サイトより

また、JR四国では「ICOCA」エリア拡大を記念した式典も開催予定なのだそうです。日程等は現在のところ未定のようです。

ICOCA以外で使えるのは?

対象駅の善通寺駅と琴平駅では、ICOCA以外にも、以下の全国相互利用対象のICカード乗車券が利用できるようになります。

ICカード乗車券名 取扱事業者
Kitaca 北海道旅客鉄道(JR北海道)
PASMO 関東地方・山梨県・静岡県の一部を除く鉄道・バス事業者など
Suica 東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール・東京臨海高速鉄道など
manaca(マナカ) 名古屋鉄道・名鉄バス・名古屋市交通局・名古屋臨海高速鉄道・名古屋ガイドウェイバス・豊橋鉄道・愛知高速交通
TOICA 東海旅客鉄道(JR東海)・愛知環状鉄道
PiTaPa 近畿地方・東海地方・北陸地方の一部・岡山県などの鉄道・バス事業者
はやかけん 福岡市交通局(福岡市営地下鉄)
nimoca 西日本鉄道(西鉄グループ)など
SUGOCA 九州旅客鉄道(JR九州)

コメント

1件のコメント
3月14日に詫間、観音寺、善通寺、琴平駅にICカードが使えるのですね。超ラッキーよ。できればその4駅に大型自動改札機を取り付けてほしいな。それに坂出、宇多津、丸亀、多度津の4駅に大型自動改札機を取り付けてほしいな。3月14日までにね。
2020-01-31 12:28

まるつー広告

おすすめ記事

関連記事

この記事を書いた人
ライターY口@まるつー 編集長
高松生まれ丸亀育ちの、純粋培養された香川県民です。そしてこのまま香川で朽ち果てる予定。