「BAKERY TRE API(ベーカリートレアピ)」の『ころっけバーガー』 気鋭の若きパン職人が作る地元愛あふれる逸品

ころっけバーガー

まるつー広告

まるつーメンバーが自分で買いに行ったお店を紹介する【まるつーグルメ】。
今回ライターY口@まるつーが買ってきたのは丸亀市通町にある、、、

BAKERY TRE API

の、ころっけバーガー(200円 税抜)です!

※価格は2019年9月18日(水)現在のものです。

ころっけバーガー(200円 税別)

ころっけバーガー

「横浜れんが亭」のコロッケが1個丸ごと挟んである、ボリューム感たっぷりのバーガーです。コロッケ自体はあっさり目の味ですが、自家製のソースでしっかり味が付いています。飯山町の「よしむら農園」さんで育てられた新鮮なキャベツが濃厚なソースを適度に中和してくれていて、とても食べやすいバーガーでした。主食としてもいけそう!

スモークチーズのきのこまる(250円 税別)

スモークチーズのきのこまる

まず、パンから漂うガーリックの香りがとても食欲をそそります。ひと口食べると、芳醇なスモークチーズの風味とブナシメジの歯ごたえが絶妙のハーモニーを奏でます。見た目以上にブナシメジがたっぷり入っていて、きのこ好きにはとても嬉しいパンでした。季節限定商品だそうですので、近いうちに多分また買いに行きます。

発酵バター香るクロワッサン(260円 税別)

クロワッサン

パン屋さんに行けばクロワッサンを買う病気なので、息をするようにクロワッサンを買いました。サクッかつモチッとしてて、無限に食べられる美味しさです。こちらのクロワッサンは特にまろやかな味わいだと思ったら、フランス産の最高級バターを折り込んでいるそうです。次行った時は無意識に買い占めそうで怖い。見かけたら誰か止めてください。

くるみぱん(140円 税別)

くるみぱん

煎ったクルミの風味とたっぷりのお砂糖で、頬張るたびに幸せな気分に浸れます。パンも独特の弾力があって美味しい!

トレアピのこだわり

どのパンも独特のコシがあって美味しかったのですが、その理由は生地に使われてるさぬきの夢にあるそうです。うどん県民ならご存知の方も多いと思われますが、「さぬきの夢」は香川県が開発したうどん用小麦です。それをあえてパンに使うことで、独特の食感を実現したそうですよ。

トレアピのこだわり2

さぬきの夢以外にも、坂出市の塩、三豊市の池田養鶏場さんの卵、丸亀市飯山町のよしむら農園さんの野菜、丸亀市北平山町のミロクブルワリーさんのビール酵母など、香川県産の食材を使って地産地消を実現しています。生産者の顔が見える安心感とあふれる地元愛!

店長さんにおすすめメニューを聞いたところ、クリームパン食パン、そしてフランスパンを挙げてくれました。クリームパンはクリームが2層仕立てになっていて、クリームを入れる→パンを焼く→またクリームを入れるという凝った作りになっているそうです。食パンは生クリーム仕立てで、今流行りの高級食パン志向なのだそうです。フランスパンには、前述した「ミロクブルワリー」さんのビール酵母を練り込んでいるのだとか。ビール酵母を練り込んだパンって聞いたことがないし食べたこともないので、次に行った時はぜひ買ってみたいです。

店内の様子

トレアピ店内1

ここが「藤沢眼鏡店」だった頃、このミラーの前あたりに置かれていた顕微鏡を買いました。懐かしい。

トレアピ店内2

トレアピ店内3

昼下がりに行ったので商品はほとんど売り切れていました。店長さん曰く、「朝の7時30分開店ですが、焼き上がったパンが全種類並ぶのは11時頃なので、だいたいその時間帯に来ていただくのがオススメ」とのことでした。

トレアピ店内レジ

右側のお兄さんが店長の羽原さん。まだ31歳とお若いですが、人気パンチェーン店の「パパベル」で10年以上修行をして、同店でいろんな人気商品を開発していた折り紙付きのパン職人です。そして羽原さんは丸亀西中&大手前高校OBという地元民ですので、「学生の頃から馴染みのある場所でお店を出せて嬉しいです」と仰ってました。私も西中OBでこの辺をウロウロしていましたし、羽原さんが「パパベル高松店」にいた頃は同店に週2ペースでパンを買いに行っていたので、絶対どこかですれ違ったりしてますよね。

トレアピ店内4

トレアピ店内5

店内にはイートインスペースがあり、各種ドリンクも購入できます。向かい側は「秋寅の館」ですので、ウインドウ越しに路上イベントを観ながらパンを食べるなんてこともできます。

外観

トレアピロゴ

トレアピ外観

トレアピ営業カレンダー

ウインドウには営業日カレンダーが掲示されています。赤字が定休日です。水曜日は、商店街はお休みですが「TRE API」さんは営業していますので、人気メニューを買いたい時は案外狙い目かも知れません。

場所

通町商店街の真ん中あたりで、西向かいに「秋寅の館」、南向かいに5月末で閉店した「宮脇書店 丸亀店」があります。以前はここに「pancafe junju (パンカフェ ジュンジュ)」がありました。ご年配の方には「藤沢眼鏡店」があったところといえば分かりやすいかも。

駐車場

駐車場はありませんが、店舗の斜め向かいにコインパーキングがあります。もしくは、少し歩きますが駅前地下駐車場に置けば1時間無料です。

◇BAKERY TRE API
住所:〒763-0043 香川県丸亀市通町139-1
電話番号:0877-85-9566(電話での予約可)
営業時間:7:30~売り切れ次第(だいたい14:30~15:30くらい)
定休日:日曜日、第2・4火曜日
駐車場:なし
関連リンク:公式インスタグラム

※営業時間・価格等は記事作成当時のものです。

コメント

1件のコメント
ころっけバーガー買ってみました
ボリュームもあるし、ソースの味がコロッケにもパンにもぴったりでした
コロッケはもちろんですがパンもとてもおいしくて、コロッケもパンもどちらも当たりのコロッケパンってなかなか巡り合えないので嬉しかったです
それから、一見地味な存在のコッペパンが個人的にはヒットでした
適度に甘さがあり見た目以上にしっとりしていてコッペパンにありがちなパサパサ感が全くなく、かといって変な言い方ですが必要以上の個性を主張しているわけでもないので、そのまま食べる、ジャムを挟む、おかずパンにする、どんな食べ方でもおいしいです
2019-11-12 15:33

まるつー広告