丸亀市飯野町の「らーめん工房りょう花」が2023年4月9日(日)に閉店してる。こだわり塩ラーメンの店!

丸亀市飯野町 りょう花 閉店

丸亀市飯野町の「らーめん工房りょう花丸亀店」が2023年4月9日(日)に閉店しています。

地図だとこちら↓↓↓

2023年5月11日の様子

丸亀市飯野町 りょう花 閉店

丸亀市飯野町 りょう花 閉店

閉店から1ヶ月以上が経っていましたが、お店の看板を始めとした外観は営業当初と変わらない印象を受けました。
「らーめん工房りょう花丸亀店」の店舗入り口に近づいてみても営業していた頃と変わらず、営業時間になればお店が開くのではないかと錯覚してしまうほどです。

同じ敷地内には「かまど丸亀国道店」もあり、そちらは今でも営業されています。

丸亀市飯野町 りょう花 閉店

それでも入り口には閉店のお知らせがあり、既に閉店したことが分かりますね。

香川県内で営業中の店舗

丸亀店が閉店したことで中讃地域から「らーめん工房りょう花」の店舗はなくなってしまいましたが、香川県内であれば高松市内に2店舗あります。

どちらも大通りに面しているので利用しやすい店舗のようですね!

らーめん工房りょう花について

「らーめん工房りょう花」は株式会社ブシドが運営する飲食店です。

株式会社ブシドは他にもお好み焼きのお店や食事やお茶を楽しめるカフェも運営されているようです。
愛媛県松山市に本社を置く株式会社ブシドは愛媛を中心に店舗を展開していますが、香川県をはじめとする四国4県すべてで「らーめん工房りょう花」を出店しています。

「らーめん工房りょう花」は塩ラーメンをメインで扱っていて、スープだけでなく「りょう花ism」というコンセプトで麺にも強いこだわりを持っているそうです!

5年の年月を費やしてたどり着いた麺。
それは、食べ物に良いとされるアルファ波がでるという、モーツアルトの流れる工場で毎日生まれています。
なんといっても、りょう花の主役はこの麺だと思っています。
らーめんの花形。スープやトッピングに生かされ、大切にされるものです。
しかし、大切にしてくれる他の具材の分も、ミスや妥協は絶対に許されません。

品質・供給・安心感・安全性をクリアして選び抜かれた粉。
そして季節やその日の天候、湿度などを考慮しながら加水量を調整し、更にph値、塩分濃度・ミネラル分を絶妙に調整。卵を使わないため、卵アレルギーの方でも安心してお召し上がりいただけます。すすったときの食感・つや・のど越しには、並々ならぬ努力をしてきました。
すすったときの鼻に抜ける小麦の香りや、唇の感覚まで計算された麺作りを行っています。
100分の1ミリまでこだわった食感を是非ご体感ください。

りょう花には『伝統の味』というものはありません。
なぜなら、最も美味しいものを求めて、味は日々変わり続けているからです。

引用元:りょう花公式サイトより

こだわりのラーメンがいただける「らーめん工房りょう花丸亀店」が閉店してしまったのは残念ですよね。
とはいえ香川県内にもまだ2店舗あるので、材料にも味にもこだわったラーメンを食べに行ってみてはいかがでしょうか?

◇ りょう花 丸亀店
住所:〒763-0084 香川県丸亀市飯野町東二1818-1
運営会社電話番号:089-957-8345
関連リンク:りょう花 公式サイト
※営業時間・電話番号等は記事作成当時のものです。