丸亀市本島町の漁師のみせ「大福」が2024年2月限定でオープン!島のお母さんが作るタコ飯や定食が食べられるみたい

丸亀市本島町 漁師のみせ 大福

丸亀市本島町の漁師のみせ「大福」が2024年2月限定でオープンしてます。

地図だとこちら↓↓↓

2024年2月7日(水)の様子

丸亀市本島町 漁師のみせ 大福

昨年から期間限定で営業してる漁師のみせ「大福」が、今年も「丸亀でおトクに島旅!離島航路運賃無料キャンペーン」に合わせて2月のみオープンすることになりました!
お店のある場所が「本島漁協 水産物直売所」と記されてる建物なので分かりにくいかもしれませんが、店先には目印となる営業中と書かれた赤いのぼり旗や「大福」のメニューボードが立っているので、近くを通ればすぐに見つけられるかと思います。この日は船で来られたお客さんが次々と顔を覗かせていましたよ♪

瀬戸内国際芸術祭では、お店の前にテントを張ってお肉を提供されてたので、もしかしたら食べたことがあるという方もいるかもしれませんね!

店内の様子

1階

丸亀市本島町 漁師のみせ 大福 店内

店内は1階と2階に分かれていて、料理のお会計は1階で行います。
レジ横にはテイクアウト用として大人気のタコ飯タコロッケ、焼菓子などが販売されていたので、天気のいい日や釣りを予定されてる方は外で食べるのもいいかもしれませんね♪
テイクアウトのタコ飯は営業時間前でも置いてあることがあるそうなので、10時台の便で来られた方も覗いてみてくださいね。

2階

丸亀市本島町 漁師のみせ 大福 店内

2階がイートインスペースになっていて、席は座敷とテーブル席が設けられてます。フロアの端にはおもちゃが用意されたキッズスペースもあり、休日になると子どもたちの賑やかな声も聞こえてくるそうです!
窓からは青空と瀬戸内海を背景に、白い瀬戸大橋が美しく映える景色が広がっていて、いつまでも眺めていたい気持ちになってしまいますね♪

料理は2階まで運ばれてきますが、水、お茶、ドレッシングや醤油などの調味料はセルフとなっています。奥のカウンターテーブルに置かれているものは自由に使えるようですが、使用後は元の場所に戻すようにしましょう。

メニュー

丸亀市本島町 漁師のみせ 大福 メニュー

メニューは、その日によって少し変わることもありますが、タコ飯や天ぷらが食べられる「タコ定食」や「焼き魚定食」「うどん定食」、本島でよく食べられてるおぼろ昆布が乗った「こぶうどん」が提供されてます。この他にも、クリームソーダーやアイスクリームといった甘味も楽しめます。

この日は「タコ定食」が人気でしたが、ワンコインでいただける食数限定の「焼き魚定食」も大好評のようで馴染みのお客さんは迷わず注文されてました♪

場所

丸亀市本島町 漁師のみせ 大福 場所

場所は、本島港でフェリーから降りて、本島汽船待合所の後ろに見える茶色の建物を目指して2分ほど歩いた先にあります。

「大福」は2月のみ、雨の日以外で営業されてるので、天気が怪しい日は電話で問い合わせておくと良いかもしれませんね。
本島のお母さんによる優しい料理で海の幸を堪能しつつ、窓辺で雄大な景色を眺めながらまったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

◇ 漁師のみせ 大福
所在地:〒763-0223 香川県丸亀市本島町泊494-6
営業時間:11:30~14:00ごろ
定休日:雨の日など
※2024年は2月のみの営業予定
電話番号:090-5913-5940
関連リンク:大福丸 公式Instagram
関連リンク:塩飽fisheries 公式Instagram
※オープン情報等は記事作成当時のものです。