若き芸術家たちの作品展「未来の収穫祭2019」が丸亀市生涯学習センター1階ギャラリーで9月8日(日)まで開催中。この夏、塩飽の島々で制作活動したアートを展示

まるつー広告

HOTサンダルプロジェクトの作品展「未来の収穫祭2019」が、丸亀市生涯学習センターの1階ギャラリーで9月8日(日)まで開催されています。

HOTサンダルプロジェクト公式サイトより

HOTサンダルプロジェクトとは?

HOTサンダルプロジェクトは、夏期の約1ヶ月間、香川県丸亀市沖合の塩飽諸島(本島、広島、小手島、手島)に美術大学の学生を受け入れ、島民との交流を深めながら美術作品の制作や発表を行うアート・プロジェクトです。 滞在中には、学生と島民が一緒になって作品を制作するワークショップや島で制作した作品を島民の前で発表する作品発表会を行うほか、滞在終了後には「未来の収穫祭」と銘打ち、4島で制作した作品を市民に広く紹介する作品展覧会を丸亀市内で開催しています。
2012年(平成24年)よりスタートした「HOTサンダルプロジェクト」は、8年目を迎えます。参加者は、武蔵野美術大学、多摩美術大学、女子美術大学、東北芸術工科大学、金沢美術工芸大学をはじめとする、全国の美術大学の日本画学科・研究室に所属している学生・院生などです。過去7年間で183名が参加しました。

引用:HOTサンダルプロジェクト公式サイト

HOTサンダルプロジェクトのHOTとは、滞在する島の頭文字(本島・広島=H、小手島=O、手島=T)から取っているそうです。今年も8月2日~28日までの3週間、全国の美大生たちが本島・広島・小手島・手島に滞在して作品を制作しました。

「未来の収穫祭2019」で彼らの作品が展示されていますので、早速鑑賞してきました。いずれの作品も島の風景を題材にしたもので、見慣れた景色がアートになるとこうなるのか、と感動を覚えました。どれも素晴らしい作品でしたが、ライターY口@まるつーのお気に入りを2点だけ紹介します。

広島の石切丁場の絵です。大自然に人間が残した生々しい爪痕がダイナミックに描かれてますよね。凄いなあ。

本島の島猫さんの絵です。ええ、私も三度の飯より猫が好きなんです。丸っこいキャンバスが猫ののんびり感を際立たせてくれているような気がします。島猫を題材にした作品は、他にも何点かありました。

あとは観に行ってのお楽しみということで。ちなみに館内は撮影自由です。会場では、過去の作品も図録で見ることができます。

◇未来の収穫祭2019
会場:丸亀市生涯学習センター1階ギャラリー
住所:〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目1−20
電話番号:0877-23-1091
営業時間:9:30~16:30
休館日:会期中はなし
入場料:無料
駐車場:あり
関連リンク:公式facebook

コメント

0件のコメント
まだコメントはありません。
若き芸術家たちの作品展「未来の収穫祭2019」が丸亀市生涯学習センター1階ギャラリーで9月8日(日)まで開催中 についてコメントしましょう。

まるつー広告