「東京オリンピックの聖火リレー」香川県は2020年4月18日〜19日の2日間。丸亀市は18日

まるつー広告

東京オリンピックの聖火リレーは、来年3月に福島県をスタートして47都道府県をまわり、香川県には4月18日に徳島県から引き継ぐ形で聖火が入り、2日間の日程でリレーが行われます。

引用:NHK NEWS  WEB

東京オリンピックの聖火リレーの具体的なルートが、2019年6月1日に大会の組織委員会から発表されました。

香川県は4月18日〜19日の2日間みたいです。

4月18日

  • 宇多津町スタート
  • 丸亀市の丸亀城
  • 三豊市の父母ヶ浜など県西部の観光名所直島町を通り
  • 観音寺市にフィニッシュ

4月19日

  • 坂出市スタート
  • 県東部
  • 小豆島
  • 高松市の玉藻公園に最後のランナーが到着

前回1964年の東京オリンピックの聖火リレーは、県の東部と高松市だけで行われましたが、2020年の東京オリンピックでは島しょ部を含む県内の全市町を通るんだとか。
1,2日目フィニッシュ地点の観音寺市・高松市では、「セレブレーション」と呼ばれる聖火の到着式が行われるそうですよ!

 

また、聖火リレーの募集は6月中旬から始まるみたいです!

オリンピック聖火ランナー募集はこちら

 

コメント

0件のコメント
まだコメントはありません。
東京オリンピックの聖火リレー、香川県は2020年4月18日〜19日の2日間 についてコメントしましょう。

まるつー広告