お願い

この記事は2017年8月31日に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

丸亀城南西部石垣の保護工事をしていました。

丸亀城南西部の石垣補修工事画像

まるつー広告

丸亀城南西部石垣の保護工事をしていました。

丸亀城南西部の石垣補修工事画像丸亀城南西部の石垣の痛みが進んでいるようで、保護工事が行われていました。
大きな土嚢のような黒い袋がたくさん積み上げられています。
規模が大きいので壮大な景観でした。
保存工事のため、城内は一部通行止めになっていて、仮設道を城内グラウンドに作ってくれています。

↓丸亀城南西部の石垣修理工事今後の予定(お知らせ)
丸亀城南西部の石垣補修工事今後の予定看板画像修理を必要とする石垣はなんと、30mを超える高さ。
クレーン車を設置する予定だった石垣の上に地割れが見つかって、現在施工方法検討中との事です。

石垣が外側に弧を描いてしまう状態をはらみ出しというそうです。
そのはらみ出しのひどい部分に今年度は安全対策の為、大型の土嚢を設置して崩れないように保護し、H30年度から石垣の修理工事がはじまるようです。

全国でもこのような高石垣の修理工事の例はなく、とても難易度の高い工事で、規模も大きいので修理期間は長くなると思われます。
丸亀城南西部の石垣補修工事について近所の皆様への看板画像
修理箇所の中には江戸時代に崩れた部分も入っていて、なぜ崩れたかの発掘調査も同時に行われるそうです。
新たな発見があるかもしれませんね!

丸亀市のシンボル「丸亀城」は築城400年で、日本に現存する天守閣12城の一つです。
別名、亀山城といい、石垣の高さは日本一で、本丸まで登ると讃岐平野と瀬戸内海を一望できる景色のいいお城です。
このお城の立派な石垣は、扇の勾配と呼ばれる見事な曲線で、国指定重要文化財に指定されています。

修復にはまだまだ長い時間や労力を要すると思いますが、石垣の立派な曲線美が一日も早く、無事に安全に復活する事を祈りたいと思います。

▷関連リンク:石垣修復計画(丸亀市HP)

コメント

0件のコメント
まだコメントはありません。
2017年丸亀城南西部石垣の保護工事 についてコメントしましょう。

まるつー広告